広島 小児科|広島中央通り こどもクリニック 広島 小児科|広島中央通り こどもクリニック

アレルギー診療

日本アレルギー学会認定の専門医として、各種ガイドラインに基づく治療を行います。また治療開始前には、お子様の状況をできるだけ理解していただき、目標や治療について詳しく説明するよう心がけています。(重症度により必要と判断すれば専門の総合病院へ紹介させていただきます) 対象疾患は、食物アレルギー気管支喘息アトピー性皮膚炎花粉症アレルギー性鼻炎(通年性)蕁麻疹(じんましん)などです。

食物アレルギー

「必要以上の除去をせず、安全に食べられる範囲を見つける」という方針です。
食物経口負荷試験も行っています。
よくあるケースを例にあげて診療の流れを示します。

(1)何かを食べて症状が出た
症状が出たときの状況を詳しく問診し、必要に応じて、血液検査・皮膚テストなど行い原因物質を特定します。乳児期あるいは1才台の食物アレルギーは数年以内に、食べられるようになるお子さんが多くいます。検査数値や時期を考慮し摂取を開始していきます。また完全除去解除にはならなくても、“ここまでは食べられる”、という量を見つけることで食事の範囲を広げていきます。安全に食べられる量を見極めるために食物経口負荷試験を行います。
(2)以前行った血液検査で少し陽性だった食品を何となく除去し続けている。
食べることのできる量を見つけ少しずつ摂取を開始します。必要に応じて、血液検査・皮膚テスト・食物経口負荷試験を行います。
(3)生後すぐから湿疹がひどい/ご家族がアレルギー、のため離乳食を進めるのが心配
これらは食物アレルギー発症のハイリスク因子です。離乳食開始前に血液検査を行う場合があります。
検査の値によって、以下を検討します。
  • 普通に離乳食を始める
  • 注意して離乳食を始める
  • 皮膚テストや食物経口負荷試験を行い再検討する
不必要な除去で食事や栄養が偏ってしまうことのないようにしましょう。
なお、湿疹については速やかに改善できるよう投薬・指導を行います。

気管支喘息

ガイドラインに基づいた治療をします。呼吸機能検査もしています。

【診断】
必要に応じて呼吸機能検査を行います。
小さなお子さんは検査ができませんので、喘鳴(ヒューヒュー・ゼーゼー)がいつ・何回あったか、気管支拡張剤の吸入をして喘鳴が改善するか、など総合的に判断します。
【治療】
治療の基本は“発作予防”です。
発作は治療で鎮静可能ですが、繰り返せば繰り返すほど炎症が悪化し、気道がどんどん硬くなっていきます。硬くなった気道は元に戻ることはありません。発作を繰り返さないことが大切です。よいコントロール状態を保つようにしましょう。

“発作予防”のために・・・

  1. 悪化原因と考えられるものがあれば回避します。(ダニ・ホコリ・ペット・タバコの煙など)
  2. 症状の程度・頻度によって治療ステップが決まります。毎日決められた服薬(内服や吸入など)をきちんと行いましょう。発作時以外は1ヶ月毎の定期受診時に様子をうかがいます。経過の良し悪しにより、治療の継続・薬の追加や増量・減量や中止を考慮します。その際に呼吸機能検査をする場合もあります。
  3. 併発症状の改善も大切です。アレルギー性鼻炎・副鼻腔炎の合併は高頻度に見られます。これらの増悪は喘息の増悪につながるため、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎の治療も行います。その他、肥満・胃食道逆流症・ストレスなど喘息の悪化因子の併存にも注意していきます。

アトピー性皮膚炎

治療目標は“保湿剤のみでツルツルを持続させること!”です。
そのためには、毎日の外用が欠かせません。

(1)まずは皮疹の状態に合わせた薬剤を選択します。
外用方法を指導します。不安な場合は目の前で塗っていただくこともあります。
正しい外用方法にも関わらずスッキリ軽快しない場合は外用する薬の種類を変えます。
(2)ツルツルになった後は、減量のタイミングが大切です。
「良くなったから、つい外用を中断してしまい、また悪くなった」という話をよく耳にします。薬の外用で一見きれいに見える皮膚でも皮下には炎症が残っています。必要に応じて皮下の炎症(TARC)を血液検査で測定し、炎症が正常化してから外用の減量スピードをあげていきます。一度よくなった皮膚は悪くならないようツルツルを維持しながら減量することが大切です。当院では減量のためのスケジュール表を渡しています。
(3)悪化因子にも注意が必要です。
正しい外用方法にも関わらず時々増悪する場合には、ダニ・ハウスダスト・ペット・汗・食物・金属(砂場)など、悪化因子についても注意が必要です。

花粉症

毎年、ある季節になると、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目や皮膚のかゆみなどの症状が出現する場合、花粉症の可能性があります。季節毎に飛散する花粉があり、頻度の高いスギから、あまり知られていない花粉まで、1年を通して様々な花粉が飛散しています。

花粉症の辛い症状は、イライラ感や睡眠障害を引き起こし、集中力や思考力に影響を及ぼすことが分かっています。きちんと診断し治療しましょう。

【診断】
いつ・どんな症状が出るか詳しく問診し、血液検査・鼻汁検査・皮膚テストなど行います。
【治療の基本】
“抗原回避・除去”が基本です!“抗原回避・除去”を行わず、薬ばかりに頼っても効果は限定的なものになります。花粉症とは、「抗原(花粉)に曝露される → 身体が過剰に反応 → くしゃみ・鼻水・鼻づまり・眼の痒み・皮膚の痒みなどの症状が出る」というものです。さらされる抗体(花粉)の量を減らすことが症状を軽くするための基本なのです。
【治療その1:花粉飛散時期の対症療法】
症状の種類や重症度によって治療薬の選択をします。症状が出始めたらすぐに、あるいは花粉飛散予測日から服薬を開始します。当院ではあらかじめお薬を処方しておき、適切な時期にすぐ服薬を開始していただけるようにしています。治療開始が遅くなるほど治療に対する反応が悪くなります。
【治療その2:花粉飛散前の初期療法】
毎年症状がひどい場合は、花粉が飛散する前から薬物療法を開始します(初期療法といいます)。発症時期を遅らせ、症状を軽減することが可能です。初期療法は花粉飛散予測日の1〜2週間前から花粉飛散が終わるまで継続することが大切です。
【治療その3:舌下免疫療法(スギ)】*現在日本ではスギ以外の花粉に対する免疫療法は行われていません
舌下免疫療法とは、アレルギーを起こす原因であるアレルゲンを少量ずつ投与することで、身体を慣らしていくもので、体質改善を期待できる治療法の一つです。ただし、すべての人に必ず効果があるとは限りません。
安全性は高いと言われていますが、治療開始前には副作用などを十分に理解する必要があります。

『スギ花粉症に対する舌下免疫療法』

  • Q. どうやるの?
    舌の下に錠剤を置き、1分間保持した後に飲み込みます。これを毎日続けます。
    初回服用は病院で行い、30分ほど様子をみます。大きな副反応が出ないことを確認できれば、以降は毎日家で服用を継続してもらいます。
  • Q. 効果は?
    花粉症の症状を治したり、長期にわたり症状を抑えたりする可能性があります。完全に症状を抑えられない場合でも、症状を和らげ治療薬の使用量を減らすことが期待できます。治療開始後、初めてのスギ花粉飛散シーズンから効果を実感できる人もいます。
  • Q. 治療期間は?
    最低1〜2年、効果があれば体質改善を目指して3〜5年継続することがお勧めです。
  • Q. 治療を始める時期は?
    スギ花粉の飛散がない時期(6〜12月)に治療を開始します。
  • Q. 副反応は?
    口腔内の違和感など軽微な副反応は比較的見られますが多くは次第に軽快していきます。症状によってはお薬の減量・抗ヒスタミン薬の内服などの対策を講じます。しかし、中には副反応が強めに出て中止になる場合もあります。
  • Q. 治療可能な年齢は?
    おおよその目安は5歳以上です。治療開始時点で大切なことは、“舌の下に錠剤を1分間保持できる” “副反応を自分で訴えることができる” この2点です。もし、“舌の下に錠剤を1分間保持できる”かどうか分からない場合は、溶けやすいラムネで試してみるのも一つの手です。

テレビ新広島 TSS “わんぱく大作戦”の“健康基礎知識”に寄稿しました。
【素朴な疑問シリーズ】Q.子どもも、花粉症になるのでしょうか? | わんぱく大作戦 | TSSテレビ新広島

アレルギー性鼻炎(通年性)

繰り返すくしゃみ・鼻水・鼻づまりが季節に関係なく出ている場合は、アレルギー性鼻炎の可能性を考えます。くしゃみの連発がある、ホコリっぽいと症状が出る、など典型的な症状があれば、さらに可能性は高いでしょう。

【診断】
問診と血液検査・鼻汁検査・皮膚テストなどにより診断します。
【原因】
アレルギーの原因物質であるアレルゲンとして、ハウスダスト・ダニが圧倒的に多いです。この他、ペットやカビ(真菌)が増悪の原因となっている場合もあります。
【治療】
くしゃみ・鼻水タイプ/鼻づまりタイプ/両方タイプなど症状の種類、その重症度により薬の種類が変わります。さらに薬の効果や副作用の出方には個人差がありますので、できるだけ合った薬を見つけるようにしましょう。
【合併症】
副鼻腔炎
アレルギー性鼻炎と副鼻腔炎の合併はしばしば認められます。副鼻腔炎の症状は、粘っこい緑色の鼻汁、鼻づまり、痰、咳、ひどくなれば頭痛がみられる場合もあります。
気管支喘息
アレルギー性鼻炎がある人は、ない人に比べ、後から喘息を発症する可能性が高くなります。鼻炎の状態をよくしておくことは、喘息の発症抑制につながるとも言われています。
また、すでに気管支喘息を発症している場合、アレルギー性鼻炎の増悪が喘息を悪化させることも言われています。鼻も気管も同じ空気の通り道で距離も近いので、それぞれの炎症はお互いに影響し合っているのです。

蕁麻疹(じんましん)

赤く膨れた痒みのある発疹で、時間とともに跡形もなく消失するのが特徴です。多くは24時間以内にまた出現します。

【原因】
もともと蕁麻疹が出やすい体質の人に、風邪などの体調不良やストレスなどが引き金となって出始めます。はっきり原因を特定できないことがほとんどです。
中には食べ物、身体に触れたもの(汗や薬など)、温度変化などが直接原因の場合もあります。詳しい問診にておおよその見当がつく場合もあります。
【治療】
抗ヒスタミン薬を内服します。内服にて症状が消失し、さらに内服を中止後も再発しなければ治療は終了です。抗ヒスタミン薬の効果には個人差があり、中には最初のお薬で治らない場合もあり、薬の種類の変更・増量・追加などが必要になることもあります。
ただし、体質的に出やすい人は何かをきっかけにまた出現するか分からないので、自分に合う薬を常備しておくといいでしょう。